FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-14

東川源流を辿る旅⑤-所澤神明社~上新井調整池

上新井地区

 夏の盛りにはじめたこの源流を辿る旅も、気付けばすでに初冬。前回からすでに3か月も経ってしまった。

 さて、深井醤油の先、旧市役所の突き当たりを右に曲がったら、最初の角を旧市役所の裏手へ回り込むように左へ。40mも進むと、右手に所澤神明社の参道が現れる(33)。
P1000415.jpg P1000417.jpg

 この神社の縁起は、残念ながら文政9年(1826年)の火事で社殿が消失するなどして記録が失われたため、建立時期など正確なことはわからない。しかし、鳥居脇をはじめとして、優に周囲3mを越す巨木が林立するさまは、十分に深い歴史を感じさせる。

 その巨木のある鳥居の脇、少し奥まったところに、「人形殿」というちょっと珍しい社がある。ここは人形を供養するための社で、納められた人形は、毎年6月第1日曜日に境内で行われる「人形供養祭」でお焚き上げされる。「幼い子どもたちの身代わりとなって多くの厄災を背負っている」(神明社)という人形を鎮魂する祭事だ。
P1000421.jpg P1000419.jpg

 意外に知られていないが、所沢は「人形の街」でもある。その始まりは江戸時代中期、農閑期の副業としてかき絵、はり絵の羽子板が奨励されたことから。その後、雛職人が押絵の技術を学び、羽子板作りが始まったと伝えられている。
 また、江戸末期の嘉永2年(1849年)には、人形作りも3軒の業者によって始められ、主に着付けを得意として発展。現在でも、羽子板では春日部とともに県内有数の生産地で、人形でも岩槻・鴻巣などに次ぐという。
 そうしたことから、人形供養祭は昭和50年代、所沢人形協会の主催ではじめられ、いまでは関東一円から膨大な数の人形が集まるそうだ。

 さらに先に進んで、突き当たった県道を右に行くと、焼きだんごの武蔵屋がある(34)。
P1000474.jpg

 所沢の名物と言えば焼きだんご。「焼きだんごなんてどこにでもあるじゃないか」という向きには、ぜひ一度味わって頂きたい。醤油と酒のタレを塗って焼き上げただけの単純なものだが、強い腰とズッシリ感が焦げたタレの香ばしさと合わさって、独特の味を生み出している。

武蔵野に 鷹狩りをせし 道潅の 歌宴を偲ぶ 焼きだんごかな  惣五郎

 この武蔵屋で頂いた由来書きによると、康正元年(1455年)、鷹狩りの帰途に所沢付近で薄暮となり、仲秋の名月に詩情を誘われて歌宴をはった太田道灌(最初に江戸城を築城した室町時代の武将)に、土着の名族某がだんごを焼き、自製の醤油をつけて献じたことがはじまりという。

 砂川いくお元市議のホームページでは、郷土史研究家の越坂部三郎さんの話として「水利が悪い所沢には水田がなく、享保年間(1720年頃)に陸稲(おかぼ)作りが始まった。インディカ米の陸稲は硬質で、けっして美味ではなく、鶏でさえも喜ばないと言われた代物だった。そこで『粉にでもして、焼きだんごにすれば・・・』と、文久年代(1860年頃)には、だんご作りもかなり盛んになっていたようだ。石臼を使うと自然と粗引きとなる。これが歯ごたえや甘味を醸し出して所沢の味が生れた」と紹介している。ここでは、明治時代に入ると「焼きだんご組合」ができ、規格の統一が図られたという話まで紹介されているので、ぜひご覧頂きたい。

 そんな焼きだんごも、いまでは市街には数軒が残るのみ。それでも、武蔵屋の女将さんは「おばあさんの味を守っていかなきゃ」と気丈に語っていた。
P1000473.jpg

 県道を南下すると、開明橋で再び東川と出会う(35)。

 再開発工事が進むこの橋のたもとにはかつて、これも所沢名物のひとつである酒まんじゅうの店、峰の酒まんじゅう本舗があったのだが、いまは影も形もない。武蔵屋の女将さんによると、旦那さんが亡くなった後、永らくおばあさんがひとりで切り盛りしていたのだが、通いでやっていたこともあり、歳には逆らえず、止めてしまったという。あのかわいいおばあさんは、いまも元気だろうか。
P1000414.jpg P1000413.jpg

 開明橋を渡らず、手前を右に折れると、新光寺に突き当たる(36)。
P1050093.jpg

 川はここで新光寺の下を通る暗きょとなる。「思い出で綴る故郷・所沢散歩」によると、以前、川は寺の北側を迂回していたが、たびたび大雨で溢れていたため、昭和7年に寺の南側を真っ直ぐ流れる工事が行われたそうだ。川は、寺の裏手で再び姿を現す。
P1000429.jpg

 この新光寺も新田義貞と縁があり、元弘3年(1333年)、鎌倉攻めの戦勝祈願に立ち寄ったと伝えられる。また、その帰途には再び立ち寄り、黒塗りの乗鞍を奉納したとか。それと関係があるかどうかはわからないが、地元では昔から「馬の町」の「観音様」と呼ばれ、当時の貨物や商品の運搬に活躍した馬の健康と交通安全を祈願したお祭りが毎年2月18日に開催されていたともいう。いずれにせよ、その門前から旧鎌倉街道が南に延びていることからも、交通の要所であったことがわかる。
P1000423.jpg

 この寺に、面白い伝説が残されている。

 その昔、寺には毎晩のように遊びに来るたいへん話好きのタヌキがいたそうな。囲炉裏にあたりながら世間話をして、なかなか帰らないので、和尚さんは大変迷惑していた。ある晩、とうとうタヌキは居眠りを始めたので、ついに堪忍袋の緒が切れた和尚さんは、タヌキの股に囲炉裏の中の焼け石を放り込んだそうな。びっくりしたタヌキは外へ飛び出し、「あっちいちいの新光寺、二度とくまい新光寺」と言いながら逃げて行ったとさ。(内理弘著『所沢の歴史と地理』所沢図書館所蔵)

 話好きなだけで悪さもしていないのに、ちょっとかわいそうな気もするが、何ともかわいいお話である。

 新光寺は通り抜けられないので、門前を左へ曲がり、一本目を右へ。この道を進んだ先、クランク状の角を過ぎると、再び川沿いに出る。視界が開けたと思うと、大きな水門が目に飛び込んでくる。これが「③-川端橋~東新井庚申塔」で紹介した地下河川への引き込み口というわけだ(37)。
P1000434.jpg

 その水門の脇が、弘法の湯という銭湯の裏になっている。訪れたときは、ちょうど湯を沸かしている最中で、積み上げられた木材をさかんにくべているご主人の姿があった。空に突き刺す煙突からも、もうもうと煙が上がっていた。
P1000447.jpg

 そして、さらにその先、国道463号線を渡ったところに、弘法の三ッ井戸がある。先ほどの銭湯の名前も、この井戸にちなんだものだ(38)。
P1000438.jpg

 傍らの縁起書きによると、諸国巡礼の途中、民家に水を求めた弘法大師が、遠くまで水を汲みに行く婦人の姿を見て難儀を思い、杖で三か所に印を付け、水の出る場所を教えたことから、この名が付いたという。筆の達人として知られる弘法大師こと空海だが、実は水にまつわる伝説も多く、こうした「弘法井戸」や「弘法水」は全国津々浦々、実に1600か所以上もあるそうだ。

 三ッ井戸は東川沿いにほぼ50m間隔で掘られ、現存する井戸は東端のもの。すぐ先の西友の裏口前の小堂では、弘法大師を祀っている。
P1000440.jpg

 三ッ井戸から先は、しばらく静かな住宅街の中をうららかに流れる川沿いに進むことができる。
P1050094.jpg

 しばらく進むと、西武池袋線と交差する。その傍らに、小さなトンネルがしつらえてあるが、クルマは天井もすれすれ、歩行者と行き交うことすら不可能という代物だ(39)。
P1050095.jpg P1050097.jpg

 その先の六社神社には、参道脇に小さな児童遊園地があるが、ここも、ひなびた山里の境内という感じで、ちょっとした旅情が味わえる。落ち葉がきれいに掃き集められているところを見ると、地域の住民に大切にされていることがわかる。
P1000537.jpg

 参道に架かる橋を渡り、次の橋まで進むと、たもとに小さな石塔が立っているのに気付く。「石橋供養塔」の文字が刻まれている。『郷土を探る 路傍の石をたずねて(平成版)』(所沢図書館所蔵)によると、橋は寛政13年(1801年)、当時の上新井村の有力者だった森田清左衛門が寄付したもので、その開通記念に建てられたものだという(40)。
P1000535.jpg

 川はしばらく、のどかな農村地帯の中を流れる。上新井の信号から来る二車線道路と交差する先で、道はいったん川沿いを離れるが、コの字に住宅などを迂回すると、再び西裏橋から川沿いを行くことができる。

 この辺りは、まだ未造成の地区で、川端にはまだ畑も広がり、コンクリートの護岸もなく、山里のせせらぎといった風情が楽しめる(41)。
P1000486.jpg P1000487.jpg

 少し先に進むと、新所沢駅西口から真っ直ぐ国道463号線バイパスまでを結ぶ新道が、大六天橋で川と交差する。道の向こう側には上新井調整池が大きな口を開けている(42)。
P1000491.jpg P1000492.jpg

 この調整池といい、地下河川といい、これだけ水量のない川に、それほどの治水施設が必要なのか、疑問が湧いてくる。

 調整池の脇に遊歩道があり、さらに川沿いを進むことができる。
P1000493.jpg

■焼きだんごマップ
スポンサーサイト

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
検索フォーム
所沢お役立ちリンク集
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。