--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-12

廃線・廃墟・美術展-所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」

P1050361.jpg 所沢駅の近くに廃線跡がある、と言ったら信じない人もいるだろう。しかも、撤去されたのは、わずか2年前だ。

 所沢駅西口、広大なワルツ駐車場の背後にある西武鉄道所沢車両工場は2000年には閉鎖されたが、ここに工場に車両を出入りさせるための引込線があった。2006年に撤去されるまで、ワルツの裏手の踏切脇から本線と分岐して、この工場まで続いていた。

 しかし、工場跡地の敷地外こそ撤去されたものの、引込線は敷地内にいまだ残り、無数のポイントで交差しながら、廃墟となった工場内に引き込まれている。

P1050359.jpg
 この「引込線」をタイトルにした美術展が、8月27日から今日まで、この工場跡地で開催された。所沢市にゆかりのある美術作家たちによる「所沢ビエンナーレ・プレ美術展」だ。

 「ビエンナーレ」とは、イタリア語で2年に一度開かれる美術展覧会のこと。来年以降、所沢近郊の作家が中心となり、地域に根ざした自主企画展を開催すべく、今回はその準備展のようなスタンスでの開催だという。

P1050356.jpg
 『武蔵野美大ニュース5月号』によれば、この企画、そもそもの起こりは所沢の飲み屋での作家たちの美術談義からはじまったという。そこで、商業主義、ポピュリズムに陥った近年の美術状況を憂い、70年代に多く開かれた自主企画展の原点に立ち戻ろうというような気炎を上げたそうだ。そして、所沢という地域に根ざした企画を開催していくことが確認されたのだという。そうして紆余曲折はあったものの、市や教育委員会、西武鉄道などの協力を得て、この場所での開催がかなったという。

P1050338.jpg 工場跡でアート、そしてタイトルは「引込線」・・・いかにも興味をそそるコンセプトに誘われ、最終日の1日前に出かけてみた。

 まず圧倒されたのは、作品そのものよりも、やはり「ハコ」の大きさ、存在感。そして、当然のことながら一切の装飾を廃し、必要性のみに純化されたリアリズム。会場自体、ある意味ひとつのアートと言ってよいかもしれない。

P1050339.jpg
 今ひとつ、美術は門外漢なので、作品そのものの評価はしがたいが、いわゆる「アート」とはかけ離れ、より一般に身近な「労働」の場で開かれた意味は、それなりに感じることができた。こういうスタイルを「オフ・ミュージアム」と言うそうだが、確かに気取った美術館で肩肘張って見るより、よりリラックスして作品そのものを感じることができた。

P1050345.jpg
 何より、美術鑑賞より「ちい散歩」の方が似合いそうなおばちゃんたちがせっせと写真を撮り、昼休みとおぼしきニッカボッカ・スタイルの建設労働者が楊枝をシーシー言わせながら鑑賞している姿は、ある程度企画意図が当たった証明と言えるだろう。

 ただし、いかんせん、ハコの存在感に作品が負けてしまっている感も否めなくはなかった。また、ハコを生かし切れていたかどうか、少々疑問が残る。個人的には、戸谷成雄氏の「ミニマルバロック『双影景』」が見せる荒涼感、寂寥感が、この元工場とマッチしていて、気に入ったのだが。

 ただ、こんなに近所にありながら、何十年も入る機会がなかった場所に入ることができたという一点だけでも、「地域に根ざした企画」という意味では、成功なのではないだろうか。ニューヨークのマンハッタン島南部、廃業した倉庫街が芸術の拠点として復活したように、この広大な工場跡に、気鋭のアーティストが集まってきたら・・・などと、想像が膨らむだけでも楽しい。西武グループに、それだけの度量があれば、の話だが。
P1050347.jpg P1050351.jpg P1050352.jpg

 本番である来年、今度はどのようなロケーションで、どんな企画を打ち出してくれるのか、期待したい。

■所沢ビエンナーレ
スポンサーサイト

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

昨夜はどうもです。

昨夜、お話に出てたピッピッピッピ・・・・・ぞぉ!は、

松本伊代で間違いなかったのですが、タイトルが「オトナじゃないの」でした。

http://jp.youtube.com/watch?v=jRHXJiPFDIs

作詞:糸井重里
作曲:筒美恭平

かと、思われます。。。
FC2カウンター
検索フォーム
所沢お役立ちリンク集
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。