FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-14

東川源流を辿る旅②-東所沢電車区~弘法橋

松郷地区

 オリンピック道路を松井公民館前の信号で左折したら、最初の十字路を左へ。急な階段を息せき切って登ると、住宅街の一角に出る。目の前の土手の上が見えるところまで進むと、この土手の上が大きな車両基地になっているのがわかる。正式には東所沢電車区という()。これだけの数の電車が横並びしているのは、なかなかの壮観だ。
P1050261.jpg

 階段を下り、先ほどの十字路を突っ切ると、再び東川沿いに出る。ここからは、所沢市街を抜けるまで、徒歩か自転車であれば、完全に川沿いに進むことができる。

 川沿いに進んで、最初に右折できる道が稲荷橋()。この橋を渡って突き当たりを右へ進むと、柳瀬歴史民俗資料館がある。
P1050057.jpg

 稲荷橋を渡らずに、右手に川を見ながら進むと、急に視界が開け、日比田橋に出る()。橋の下にはカルガモの親子が、のんびりと泳ぐ姿が見えた。日比田橋の向こうに広がる畑では、「日比田調整池建設予定地」の看板も。
P1050058.jpg P1050060.jpg P1050263.jpg

 日比田橋から大きなマンションの脇を進むと、川沿いの遊歩道で何やら作業をしている一群があった。作業中の方に話を聞くと、この辺りの住宅街、東所沢二丁目自治会の有志、「花いっぱいの会」の皆さんだとのこと。市の「花と緑のオアシスづくり事業」の受託事業として、毎月第1、第3土曜日に除草などの作業(冬期は休止)をするとともに、このスペースに季節の花を植えているという()。この時は彼岸花を植えたばかりだったので、晩夏から初秋にかけて、きっと赤く可憐な花が彩ることだろう。
P1050063.jpg P1050265.jpg

 また、この辺りの遊歩道からは、所々川岸に降りられるよう階段が設けられたスペースがある。
P1050061.jpg

 東所沢駅前から来た道を新日比田橋端で横断。さらに進むと、松郷工業橋に出る()。その名の通り、対岸には中小の工場や倉庫などが立ち並んでいる。
P1050064.jpg

 少し進むと、急に道幅が狭くなり、左手に所沢浄化センターという浄水場が見えてくる。その中ほどからは、ごうごうと処理済みの下水が、東川に流されている()。1日平均5万8330m3というからかなりの水量だ。なるほど、この放水口より上流は急に川の水量が減る。
P1050267.jpg

 松郷橋の信号を過ぎ、いずれ県道126号線(所沢堀兼狭山線)につながるであろう作りかけの道を渡る。この辺りから、所沢の名物でもある桜並木が川沿いに並びはじめる。そして、コンビニのある弘法橋の信号を右折して、橋を渡ると、上流に向かって川を左手に見る川岸に、遊歩道が始まる。岸も階段状に整備され、子どもを水遊びさせている親子ののどかな風景も見られる()。
P1050065.jpg P1050067.jpg

 弘法橋を渡って真っ直ぐ進むと、その先には松郷庵甚五郎がある。昔から所沢市民に信頼されてきた味はいまも変わらない。そばも旨いが、うどんに定評がある。
P1050251.jpg
スポンサーサイト

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
検索フォーム
所沢お役立ちリンク集
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。