FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-12

東川源流を辿る旅①-柳瀬川合流点~柳瀬公民館

滝の城址地区

 東川は、荒川の支流のまた支流、わずか11.46kmの極短の川だが、所沢で生活するものにとって、何かと縁が深い川だ。
 その終わりは柳瀬川に注ぐが、源流を辿る旅も、そこから始まる()。
P1050034.jpg P1050036.jpg

 東川が流れ込む地点から、柳瀬川の上下流数㎞は、最近、アユの遡上が見られ、休日ともなると釣り人の姿が濃くなっている。

 合流点から関越道を上流にくぐったほとりには、滝の城跡公園が広がる。テニス場や野球場を備えた運動公園である反面、その名前の由来である滝の城跡を背後に控えた歴史的名勝ともなっている()。
P1050250.jpg

 この滝の城は、もともとは戦国時代に山内上杉氏の属将・大石氏によって築城され、のちに小田原を本拠とした北条氏康の次男・氏照によって、八王子の滝山城の支城とされたという。いまでも、その城名の由来である滝跡が段丘に残されているが、滝打つほどの水量はいまはない。
P1050243.jpg
 滝の城跡本丸跡。いまは城山神社となっている。

P1050249.jpg
 城名の由来である滝跡。枯れ沢だが、わずかに湧き水が流れる。


 また1975年、滝の城跡本丸南側の崖からは、大雨で崩れた斜面から、7世紀頃のものとされる黄穴墓群が9基、人骨や須恵器、金環(銅線の輪っかに金メッキを施した古代のイヤリング)などとともに発見されている。いまだ未発掘の部分も多く、相当数の黄穴墓がいま眠っているとみられている。
P1050248.jpg
 滝の城跡本丸南壁から発掘された金環。


 柳瀬川への合流地点からは川沿いに進めないので、いったん清柳橋に戻り、北上して、塩野商店の交差点で、もう一度川岸に戻るように旧浦所街道を東へ進む。城下橋手前で細い道を右折すると、再び川岸に出る。ここからは、しばし高い護岸が続く()。
P1050043.jpg

 川岸の細い道をさらに道なりに進み、突き当たりを左へ。関越道の下をくぐると、左手に再び東川が見える()。
P1050046.jpg

 さらに進み、隣接した柳瀬小の信号で、オリンピック道路を左折。次の信号手前を左折すると、柳瀬公民館第2駐車場に突き当たる。その角をまた左折すると、柳瀬小につながるニコニコ橋に出る()。
P1050238.jpg
 ニコニコ橋から下流方向を臨む


 ニコニコ橋から逆戻りして、突き当たりまで来ると、左手に柳瀬公民館の立派な建物に出会う。ここは図書館の分館や体育館も併設した総合コミュニティ施設となっている()。
P1050241.jpg

 その柳瀬公民館の真ん前、ふと見ると、「城第二号取水ポンプ所」と書かれた古びた門柱がある。
P1050240.jpg

 ちょうど点検に訪れた所沢市水道局の職員さんに聞くと、ここはその名の通り、水をくみ上げる井戸だという。ただし、ここ自体は非常用の水源とされ、平常時は使われていないそうだ。しかし、渇水時や断水路などは、ここから給水車などで地域に水を供給するのだと言う。職員さんによると、同様の取水ポンプ所がほかに、市内に40か所ほどあるといい、多くが常用の水道水としても使われているとも言う。所沢の水道水は、半分が地下水というのもうなずける。

 柳瀬公民館入口からオリンピック道路を、もと来た方向に右折。すぐの信号を左折して、源流を辿る旅は続く。
スポンサーサイト

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

2008-08-12

凛と張りつめて-能面美術館

 東川沿いも西新井に入ると、雰囲気が一変する。春の名所である桜並木も、ここばかりは木陰も濃く、一層風情が増す。

 そんな西新井地区のちょうど中心あたり、千歳橋の端に能面美術館がある。幕末期に建てられたという威風堂々たる長屋門に、重厚な銘木の看板が目を惹く。
P1050079.jpg

 この美術館を運営するのは、能面作家の福山元誠さん。福山さんは、工房としてここで作品を創りながら、その一部を展示している。2001年4月、能面の普及のために開館したそうだ。

 能面は、これまた長屋門に負けぬ堂々たる母屋で展示されている。玄関を入って左手、元は土間であったろう空間の壁一面に20点ほど。さらに、玄関右手の大座敷の奥にも、十数点ほどが飾られている。
P1050080.jpg

 一般に能面というと、いわゆる「女面」を思い浮かべるが、展示された作品を見ると、実に多彩な面があること、そして、その一つひとつの表情が実に豊かであることがわかる。

 「幽玄」と表現すればよいのだろうか。絶対に生身の顔ではないことは頭でわかっているのだが、自分の中の何かが妙に反応してしまう。そして、怒るでもなく、笑うでもなく、積極的な「意味」を打ち出さない微妙な表情が、見る者の心をざわつかせる。

 その一方で、狂言面のユーモラスな表情には、ほっと心救われる素朴さがある。面の一つひとつに解説も付いていて、「空吹<うそぶき>」と題されたひょっとこ面には、「お神楽の『火男』がなまって?ひょっとこ?となった」などと書かれてあり、興味を惹く。

 福山さんが、つてあって、この古い長屋門のお宅に移ってきたのは10年ほど前。家主からお借りするとともに、建物や所蔵品の管理も任されているそうだ。所蔵品は、以前このお宅で使われていた糸車鉄瓶行灯などで、一般には公開していないが、団体客や地元小学生の地域学習など特別の時に「鉄びん横町資料館」として公開されているという。「鉄びん横町」の由来は、別稿を参照されたい。
P1050083.jpg

 また、美術館では展示のほか、月に2回、開館と同じ日に能面教室を開催している。カリキュラムは、小面<こおもて>・<おきな>・増女<ぞうおんな>・中将<ちゅうじょう>・般若<はんにゃ>という5面。素人でも、おおよそ1年に2面程度ができあがるという。そのほかにも、北原町や新宿、川越などでも教室を持っているそうだ。

 古民家の凛とした空気に包まれて、古典芸能の世界を堪能する。なかなか張りつめた一時が過ごせる場所である。
P1050082.jpg

■能面博物館
■福山元誠さんインタビュー(『月刊武州路』より)

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

FC2カウンター
検索フォーム
所沢お役立ちリンク集
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。