FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-22

今夜はどこで何を喰らおうか~シントコ食べ歩きマップが登場

P1000905.jpg
 「回遊性のある街」というのは、全国の商店街が街づくりに取り組む際、必ずと言ってよいほど掲げられるテーマのひとつだ。あっちの店、こっちの店と出入りして、そのつどお金を使わなくても、1人の滞在時間が永ければ永いほど、街の賑わいが得られ、結果的に全体に落ちるお金が多くなるという考え方だ。

 その点、物販はいざ知らず、飲食店、特に飲み屋に限っては、新所沢はそもそも回遊性の高い街だ。「回遊性」と言うとカッコよく聞こえるが、要はハシゴする呑んべえが多いということだ。

 そんな新所沢で今年に入ってすぐ、「シントコを美味しく、楽しく」と銘打ち、新所沢駅周辺の飲食店を紹介した『shinpo 食べ歩きマップ』が登場した。
 53店舗も掲載した本格的な飲食店ガイドは、おそらく新所沢でははじめてのことではないだろうか。居酒屋からバー、焼き鳥などの飲み屋をはじめ、ラーメン屋や寿司、カフェやカレー、イタリアンなどのレストランまで、多種多様な店の集積は、いまさらながらに新所沢の懐の広さを感じさせる。掲載店はマップ上に番号で示されているので、道案内もお任せだ。

 『shinpo』というネーミングには、中心になってこれを発行した「新所沢飲食店倶楽部」に集う若手経営者7人(高山商店グラップルエル・ボラッチョ炎家ブコビッチトンボ)の思いが込められているという。曰く、「街に出て、賑わいある空間と時間を楽しめるという思いを込めた造語」(「はじめに」より)だとのことで、新所沢の通称である「シントコ」と「進歩」「散歩」などをかかけているそうだ。

 この7人が、「何か街を盛り上げる面白いことやりたいね」と集まったのが2008年の秋口。それから毎週1回のミーティングを重ね、コンセプトを練り込んだそうだ。ガイドマップ作りを決めてからは、開店前の時間を使って、手分けして掲載協力の依頼に奔走した。協力店からの掲載料1万5000円と、所沢市の「商工業若手経営者グループ研究事業助成金」約20万円を得て、完成にこぎ着けた。いわば〝街ぐるみ〟で作ったガイドマップといえるだろう。

 『shinpo』は、上記7店のほか、掲載店や市役所、フィットネスのわらわら航空公園店DOODLIN'ROBOTカリプソ&ロケットなどの美容室で配布されている。制作した2万部すべてを配布しきるまで、まだまだ配布場所は拡大中だ。
 経営者の代替わりが進む新所沢で、若手7人が仕掛けた取り組みがどんな実を結んでいくのか、今後も注目していきたい。

P1000670.jpg
人が集い、語らう。それが「シントコ」の魅力だ



■インタビュー 新所沢飲食店倶楽部 三木渉代表(高山商店)
P1000345.jpg

 「代表者なのは、単に一番年上だったから」と照れる、今回の発行元「新所沢飲食店倶楽部」代表の三木渉さんにお話を聞いた。

--シントコの若手呑んべえには「コース」になっている店が集まってますね

 そうですね。比較的店主同士も仲が良く、お客さんも行き来している店同士で「何かやりたいね」って話で盛り上がったのが最初でした。
 でも、ぼくたちも店を始めるずっと前からこの街で呑んでいて、チェーン店ではなく個人店が多いこの街が好きで店をやって来たので、自分たちだけで何かやったら、その魅力に気付かせてくれた先輩たちにも失礼だし、ただの仲良しクラブで終わってしまうので、街全体を巻き込めるものをやりたかったんですよね。そんな話から、今回のガイドマップというアイデアが自然と浮かんで来たわけです。


--今回、完成までにはいろんな人たちの協力があったとか?

 やっぱり、何と言ってもいろいろなお店が掲載してくれないとガイドマップになりませんから、まず掲載店の方々の協力がなければできませんでした。
 それから、ぼくたちのような若造の話にも新所沢の飲食店の先輩たちが耳を傾けてくれて、いろいろな協力を快く引き受けていただいたことも大きかったです。また、お客さんからのアドバイスなんかもすごく力になって、たとえば市の助成金なども、お客さんから教えてもらったんですよ。
 それと、編集やグラフィック関係で協力してくれたみんなにも、とても感謝しています。


--掲載店やお客さんの反響はいかがですか?

 まだまだ配布場所を拡大中なので、成否はこれからだと思いますが、今のところでは、掲載店さんからは「普段と違う込み方をする日があって、これも『shinpo』効果かな」なんて声を頂いたり、お客さんからは「なかなか出来映えがいいね」と、とりあえず好評です。
 ぼくとしては、完成したときのみんなの笑顔が一番でしたね。ぼくなんかも、嬉しくて一日中笑ってましたし。
 それと、あらためて地域の同業の方々と交流が持てたのが、とても大きな財産になりました。なかなか、飲食店同士って知り合う機会が少ないですから。
 そんな中で、「問題は来年、再来年と続けていけるかだよ」と、先輩たちから声をかけてもらっています。その通り、単発のお祭りで終わるのではなくて、ずっと続けていくことで、本当に街の活性化につながるガイドマップにしていきたいですね。それと、このガイドマップをきっかけに、イベントの開催など、さまざまな展開につなげていきたいと考えています。
スポンサーサイト

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

2008-07-17

ロケットと花とおじさん

 新所沢の駅前にロケットスタジオというちょっと変わったヘアサロンがある。正しくは、「カリプソ&ロケット」かもしれない。

 そのロケットでなぜか、この6月中旬から花を売っているという。行ってみると、線路脇駐輪場沿いの、どちらかと言うと猥雑な飲屋街の一角で、華やかでおしゃれな空気を醸し出していた。
P1050170.jpg

 この店の経営者は早川伸生さんという方だが、『美容の経営プラン』という業界紙でヘアコラムを持っているし、よく海外や地方のヘアショーに出かけていくので、その道ではかなり有名なのかもしれないが、この辺りでは、ヘニョッとした印象でおしゃべり好き、ときどき意味不明なおじさんで通っている。

 でもなぜ、美容室に花? ちょうどヘア雑誌か何かの取材を受けていたところに割り込んで、話を聞いた。

筆者「なんで花売りをはじめたんスか?」
早川氏「ジェフリー・アーチャーの『チェルシー・テラスへの道』じゃないけど、路傍の花売りのイメージなんだよね」
筆者「???」
早川氏「だから、なんかこう、ワゴンでお花を売り歩いているような雰囲気をつくりたかったの」

 と、のっけから意味不明な言動で筆者を煙に巻く。どうも、道ばたで野菜の引き売りをしていた主人公が最終的にはデパートを作ってしまうというサクセスストーリーとは、あまり関係がないようだ。

 仕方がないので、会話が成立しそうな店員を捕まえて、ちょっとは使える情報を得ようと試みる。

 それによると、花は毎週水曜日に大井市場まで買い付けに行っているそうだ。なぜ、そんな遠くまで足を伸ばすかというと、やはり珍しい品種を仕入れ価格でそれなりの点数揃えようと思うと、大井まで足を伸ばさなければ無理なようだ。

 なるほど、ちょっと見ただけで、変わったものが多いことがわかる。かすみ草など、けっして置かなそうだ。
P1050169.jpg

 このときの品揃えの一端を上げてみると、
●アーティチョーク(朝鮮アザミ)
欧米料理で一般的な食材。前菜などに用いられるそうだ。
●カリプソ
マレーシアを代表する洋ラン品種。花瓶に生けておくだけでかなり持つそうだ。
●スモークツリー
名前の通り、ちょっと煙っぽい。
●ニュードリーミー
ドラセナという観葉植物の一種らしい。どうも秋のものらしいが。。。

 と言っても、そのときどきで仕入れるものが違うので、上記品種が必ずあるというわけではない。値段も1本150円~500円程度と、ちょっと高め。しかし、一つひとつにしっかり存在感のあるものばかりだから、本当に好きな人が、自分のために買うものなのだろう。けっして、お見舞いや知人宅訪問の際に、ちょっと手持ちぶさただからといって買い求めるような花々ではない。

 早川氏によると、そもそも店を会社組織にするとき、なぜか定款に「花き販売」の一言を入れていたとか。「何かそのとき、思いつくものがあったんだろうね」。

 「ヘアカットもそうだけど、お花も別に何か腹の足しになるものではないし、実益があるものではないでしょ。でも、〝そういうのっていいよね〟っていう感覚を伝えていきたいのね」と早川氏。

 全然儲けにはなっていないそうだが、しっかり街の華やぎには貢献していた。

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

2008-07-11

レンタルルームって何だ?

以前より気になる看板。レンタルルーム「メルヘン」。
場所は、新所沢パルコの脇と言えば、おわかりになる方はおわかりでしょう。
どう見ても、会議室や貸スタジオ、トランクルームには見えん。

P1050104.jpg


そこで、さっそく調査を開始した。

--街の噂--
「あれ?風俗でしょ」
「まっ、看板見れば一目瞭然じゃん」
「トランクルームみたいなやつ?」

--予想--
「うーむ。この格差社会のご時世。ホテル代も捻出できぬ若者のため、はたまた飲酒運転厳重取り締まりの中、飲み屋で口説いてホテルに行くまでが危険というニーズに応え、格安で愛欲を結び合う場所を提供する新手の商売なのではあるまいか・・・」

--突撃取材--
薄暗い階段を上り、おそるおそるドアを開ける。
店内は小さな会計カウンターと、マッサージ屋にも似た小さく仕切られた小部屋の連続。
筆者「あのー、これって風俗ですか?」
店員「いいえ、デリヘルを呼んでいただくための貸部屋になっております」
料金表には部屋代基本料金と延長料金が。
筆者「料金の方はいかほど・・・?」
店員「全部で14000円となっております。ご利用されますか?」
筆者「ああ、えとっ、うーん。。。(財布の中身を確認)あっ、いやっ、お金足んないみたいなんで、すっ、すみません」

なーんだ。そういうことか。
でも待てよ。この格差社会で、ホテル代+デリヘル代という贅沢はできぬプア層にとっては、込み込み14000円というのは、確かに事前の予想は当たらずも遠からず。

などと、世間知らずの筆者はひとりごちていたが、世の中には便利な情報源がある。
さっそく、Yahoo!で「レンタルルーム デリヘル」で検索してみると、なぁんだ、あるぢゃないか。
http://www.r-kingdom.com/とか、
http://www.appeal.jp/room&space/king/system.htmlとか。

さらに、調査を進めると、ちゃあんと利用記もあるぢゃないか
(※ただし、これがメルヘンのことかどうかは未確認)
http://www5.ocn.ne.jp/~matrix/rpt07/swe_derh.htm

でも待てよ。要するに、これって昔の色街の茶屋・色茶屋と同じじゃないか。

「人間は変わらない。姿を変えるだけである」 by ハイデガー(嘘)

などと、くだらない冗談を書いていたら、筆者の海馬と大脳新皮質がシナプスでつながる音が聞こえた。
「って、前にもまったく同じようにドアを開けて聞いたことがあるぢゃないか!」

「人は忘れる動物である」 by エビングハウス(本当らしい。。。

■参考図書
『赤線跡を歩く』(木村聡著 自由国民社刊)
『近代庶民生活誌14』(南博・責任編集 三一書房刊)

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

FC2カウンター
検索フォーム
所沢お役立ちリンク集
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。